JR東日本、2021年春のダイヤ改正で首都圏主要路線での終電繰り上げを発表。夜間メンテナンス時間の確保と深夜帯の利用減のため
豊田えま

JR山手線など主要路線の終電時刻が、30分程度早くなるもようです。

 JR東日本は来年春のダイヤ改正で、現在、午前1時すぎまで運転している山手線をはじめ、首都圏の主要路線で終電の時間を30分程度繰り上げ、一部の路線では始発の時間も繰り下げることも明らかにしました。

JR東日本の深澤社長は、理由について「夜間のメンテナンスの作業時間確保につながるほか、新型コロナウイルスの影響で深夜帯の利用客が大きく減少しているため」と説明しました。

前に比べて、飲み会なんかも遅くまでやらなくなっているので、こうなるのも当然かも知れないですね。

豊田えま
豊田えま
Ema Toyoda
キャスター詳細はこちら

人気ニュースランキング

同じカテゴリーの記事